アンコールキャンディーとカンボジア風タイ料理

カンボジア旅行

バンテアイ・スレイ観光後は再びバスに乗り、昼食のお店へ。

そういえばバスに乗った時、運転手さんが一人一人にウェットティシュを配ってくれました。

暑い中を歩き回ってきた後なので、これは地味にありがたい。この日は天気も良く、日中はかなり気温が高かった気がする。

スポンサーリンク

 

昼食の店まではまた少し移動時間があるのでエアコンが効いたバスの中で少し休憩。日程も後半になってきて、やっぱり疲れてきた方も多い模様。ヒャックさんが色々話をしてくれますが、完全に落ちてる方がかなり多かったです。

 

というか私も気が付いたら寝てた(笑

 

昼食の前にアンコールキャンディーのお店に立ち寄り。

20分ほどショッピングの時間がありました。

カンボジア旅行

ここではアンコールキャンディーの他にヤシ砂糖、伝統工芸品、ポストカードなんかが売ってました。

 

せっかくカンボジアに来たし、何もお土産買ってかないのもなぁ・・・と思ったのでここでアンコールキャンディーとヤシ砂糖を購入。アンコールキャンディーは小さなビンに入ったのを3つ(ひとつ3ドル)、ヤシ砂糖も小さな塊を3つ(ひとつ1ドル)購入。この程度なら荷物にもならないしいいか、というのが理由です。

 

とりあえず、アンコールキャンディーは帰国後子供が喜んで食べてました。なんというか、普通のキャンディー。

 

ヤシ砂糖は・・・ちょっと嫁に不評(苦笑

使い方が分からないってさ。

 

ヤシ砂糖はその名の通りヤシの花や樹液などから作る砂糖。普通の砂糖よりも血糖値が上がりにくいとか、ミネラル分が多く含まれてるとかで身体には良いそうです。カンボジア、と言うより東南アジアの国では結構見かけるみたいですね。

コーヒーとかに入れてもおいしい、という話で帰国後実際にコーヒーに入れて飲んでみましたが・・・うん、個人的には普通の砂糖の方がいいかな(笑

 

買い物終了後、再びバスで少し移動して昼食のお店へ。

カンボジア旅行

今日の昼食のメニューはカンボジア風タイ料理とのこと。

 

例によって飲み物は別料金とのことで注文。

カンボジア旅行

いい加減エビアンにも飽きたので(笑)ここでは別の飲み物を注文。オレンジ・パイナップル・人参のミックスジュースを頂きました。これは意外とうまかったです。

 

料理到着。タイカレーと、色々。

カンボジア旅行

どの辺がカンボジア風なのかは・・・よく分からない(笑

ただ、カレーはとってもうまかった♪

 

 

エアコンがそれほど聞いてるわけではないですが、外に比べれば十分涼しい店内で食事をしているとやっぱり眠気が襲ってきます。ちょうど同じツアーに参加してる方たちが別のテーブルでも食事していたのだけど、食後ウトウトしてる人が結構いました。

 

ここでは少し時間に余裕もあったので同席してた人と色々話をしました。

 

話をした人も海外旅行には結構行く方らしく、どこが一番良かったか聞いたらベトナムとの回答。「ベトナムのホーチミンがすごくおすすめだよ!あそこは熱気が凄くて、まるで昭和初期のような感じを味わえるし、物価も安いから1万円もあればかなりいろんなものが飲み食いできる」だそうです。

ベトナムといえばハロン湾やホイアンといった世界遺産もあるし、いつか行ってみたい場所の一つ。アジア圏はホント行ってみたい国が多いですねぇ・・・

 

 

昼食の時間が終わると再びバスに乗って移動開始。

3日目は2日目に比べるとバスでの移動が多いので助かりました。2日目みたいに歩く距離が長かったら体力的にキツかったかもしれない(笑

 

<<<prev:バンテアイ・スレイ遺跡

next:ベンメリア遺跡>>>