東メボン遺跡

東メボン

スラスランから少しバスで移動すると、東メボンが見えてきます。

東メボンは昨日夕日を観賞したプレループと同じ時期の遺跡。

プレループと同じくラージェンドラヴァルマン2世の治世の時代の建築物だそうです。若干こっちの方が規模が小さい感じですが、確かに見てみるとプレループと形がよく似てました。

スポンサーリンク
東メボン

 

ここも到着すると15分の自由行動となりました。

なので周辺をぶらぶら。

 

東メボンは昔、東バライ(人工池)の中心の人工島に建っていたそうです。

周囲を泉に囲まれ、船を使って行き来していたらしいですが、現在は水が無いので普通に歩いてこれる状態になってます。お祭りなど、特別な時に使われていたのではないか・・・と言われてる遺跡なんだとか。

東メボン

 

このあたりから見ると本当にプレループに良く似てます。

東メボン 東メボン

 

プレループでは撮り忘れてしまった像の石像。

東メボン

ヒンズー教では像の頭をもつ神様(ガネーシャ)がいるので、それにちなんでる部分もあるのかも。

 

ふと見ると、穴が沢山開いた壁発見。

東メボン

ま、まさかここもタプロームみたいに宝石を埋めこんでいたのか・・・?(;´Д`)

 

と思ったら、これは漆喰を固定するための鋲を打ち込んだ穴なんだって。東メボンは当時は漆喰の壁で白い建築物だったのではないか・・・と言われてるそうです。なるほど。

 

 

こちらは中央塔付近。このあたりはやっぱり人が多いです。

東メボン

 

裏の方に回ってみるとあまり人もいらず、落ち着いて遺跡を堪能できました。

東メボン 東メボン 東メボン

 

遺跡を見てると15分なんてあっという間。

時間があればもっとゆっくり遺跡と、そこから見える景色を眺めていたい・・・と思っちゃいますね。

 

 

とはいえ次の目的地もあるのでバスに乗車。

次はバンテアイサムレに向かいます。

 

<<<prev:スラスラン

next:バンテアイ・サムレ>>>

 

 

1 個のコメント