ワードプレスでリンク毎にnofollowを付与できるプラグイン「Ultimate Nofollow」の使い方

こんにちは!ZIGです。

記事を書いていると、いろいろなサイトへリンクを掲載することがあると思います。で、出来ればnofollowにしておきたいリンクってありますよね。

そんなリンクにいちいち手作業でnofollowを付与するのは意外とメンドクサイ作業です。そこでここではリンク毎にnofollowタグを付与できるプラグイン「Ultimate Nofollow」を紹介します。

スポンサーリンク

Ultimate Nofollowのインストール

まずはワードプレスの管理画面で「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

プラグインの新規追加

 

 

プラグインの追加画面の検索窓に「Ultimate Nofollow」を入力します。

Ultimate Nofollowを検索

 

 

検索結果からUltimate Nofollowを探し、「今すぐインストール」をクリック。

Ultimate Nofollowのインストール

 

忘れず「有効化」も行いましょう。

 

Ultimate Nofollowはインストール後に何か設定する必要はありません。

有効化すればそのまますぐ利用できます。

 

Ultimate Nofollowの使い方

Ultimate Nofollowの使い方はとっても簡単。

リンクの挿入/編集画面を開くと、今までなかった「Add rel=”nofollow” to link」という項目が表示されるようになります。

Ultimate Nofollow

ここにチェックを入れれば、そのリンクにnofollowが付与されます。

つまり、チェックを入れなければnofollowは付与されないという形ですね。

 

なのでリンクごとにnofollowを付与する・しないが簡単に設定できます。

 

既存のリンクに関しても、編集画面でリンクをクリックすれば簡単にnofollowの付与が可能です。

リンクの編集

 

いちいち手入力するよりもはるかに効率的なので、nofollowの付与を結構行う方はプラグインを活用した方が良いでしょう。

 

ちなみにnofollowってどんなリンクに使うの?

Seach Consoleヘルプにはnofollowの付与に関して以下のような解説があります。

特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用する | Search Console ヘルプ

Search Console ヘルプ

以下の3つのケースに関して、nofollowタグを使った方が良いよ!という解説ですね。

  • 信頼できないコンテンツ
  • 有料リンク
  • クロールの優先順位

 

「信頼できないコンテンツ」は・・・要するにやむなくリンクをしたけど、リンクパワーを渡したくないって場合ですね。

例えばこういう情報もあるけど、信憑性は低いよね的なコンテンツにリンクをする場合はnofollowを付与した方が良いと思います。

 

「有料リンク」については例えば「何か商品を提供してもらい、その紹介記事を書いて商品ページのリンクを貼る」とか「アフィリエイトリンク」なんかも対象と考えて良いんじゃないかと思います。なので、こうしたリンクを掲載する場合もnofollowを付与した方が良いってことですね。

最近ではアフィリエイトリンクにデフォルトでnofollowタグが入っていることが多いですが、無い場合はこちらで付与すると良いでしょう。

 

「クロールの優先順位」で該当するのは、例えば会員制サイトのログインページとかですね。

ログインページのあるようなサイトはクロールさせる必要もありません。なのでnofollowにして、他のリンクをクロールさせた方がいいよねという話。こういうリンクを掲載する場合もnofollowを付与しておきましょう。

 

まとめ

というわけでUltimate Nofollowの使い方と、nofollowタグの使い方についてまとめました。

無駄に自サイトの評価を提供する理由は無いので、必要に応じてnofollowタグは使った方が良いですね。

そんな際にこのプラグインは活用すると良いと思います。