【麒麟がくる】1話から最終話まで全あらすじ徹底まとめ!見所も解説するよ

麒麟がくる

こんにちは!ZIGです。

ここでは2020年大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじを1話から最終回まで一覧でまとめています。見所についても解説しましたので是非ご覧ください。

ちなみに麒麟がくるの動画を視聴したい方は以下の記事をどうぞ。無料で視聴する裏技も紹介します♪

麒麟がくるの再放送日程とおすすめVODサービス紹介

【麒麟がくる】見逃し視聴&おすすめ動画配信サービスまとめ!VODならここ一択です

「麒麟がくる」は明智光秀が主人公の物語

「麒麟がくる」の主人公は明智光秀。

本能寺の変で織田信長を討ったことがあまりにも有名で「逆賊」のイメージを持っていますが、今回はそんな光秀が主人公です。光秀がまだ何者でもない青年期から物語はスタート。前半生がいまだに謎に包まれている光秀の人生がどのように描かれるのか?実に楽しみですね♪

放映前に公開されたあらすじは以下の通り。

応仁の乱後、世は乱れ、無秩序状態の中で、天下を統一し、乱世をおさめようとする戦国の英雄たちが登場しはじめる。
1540年代なかば、東西の要衝たる美濃の地に、一人の若き虎がいた。
名は明智十兵衛光秀。一介の牢人である青年光秀の胸の奥にはまだ自分でも気づかぬ静かな炎が燃えていた。
当時、美濃を治める土岐氏一族は内紛にことかかなかった。周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれ、常に攻め込まれる危険を抱えた美濃で、若き虎は戦に駆り出されては、敵を撃破、その勇猛果敢な働きと戦略的才能は、土岐家の筆頭家臣、斎藤利政の目にとまり、利政に抜擢ばってきされていく。その利政こそ、いずれ土岐家をのっとり、美濃を手中におさめる「斎藤道三」その人であった…。

引用:NHK PR|NHKオンライン

「麒麟がくる」の見所はズバリこの3点!

「麒麟がくる」のあらすじにおいて、個人的に大きな見所は以下の3点と見ています!

  • 謎多き前半生を描く「美濃編」
  • 5年の年月を費やした「丹波攻略戦」
  • やっぱり気になるのは「本能寺の変」

謎多き前半生を描く「美濃編」

ひとつめの見所は謎多き前半生を描く事になる美濃編ですね!

過去の大河ドラマでも明智光秀は何度も登場していますが、前半生が描かれたことは一度もありません。謎の多い青年期がどのように描かれるのか非常に楽しみなところですね。

明智光秀は土岐氏の一族で、美濃で生まれたと言われています。

しかし詳細が分かっているわけではありません。正確にはいつ生まれたかも分かっていないし、どこで生まれたかについても確定出来るだけの史料がないんですよね。

有力視されている可能性の一つが「麒麟がくる」でも採用された岐阜県可児市にある明智長山城で生まれ、斎藤道三に仕えたというもの。その分オリジナルの要素を盛り込みやすいですし、展開が読めません。

若き光秀が何を見て何を考え、どう行動するのか?そしてその経験が後半生にどう影響を与えるのか?「麒麟がくる」は序盤から展開が読めません♪

 

5年の年月を費やした「丹波攻略戦」

ふたつめの見所は光秀が5年の月日をかけて成し遂げた丹波攻略戦ですね。

光秀は大河ドラマで登場しても信長に折檻される姿と、本能寺の変を起こしたシーンだけが描かれるってケースが少なくありません。ただいじめられ、耐えられなくなって衝動的に謀反を起こした「逆賊」として描かれるのみ。功績に関しては全く描写されない事が多々あります。

てかそういう描かれ方だけですね(汗

なので光秀の大きな功績でもある丹波攻略・平定が描写されたことは皆無です。しかし今回は光秀が主人公ですし、丹波攻略が詳細に描かれる可能性が高いと思われます。

5年の月日がかかったことから分かるように、丹波攻略は一筋縄にはいきませんでした。光秀を苦しめた赤井直正や波多野秀治といった丹波の武将の存在も知られています。でも、その戦いがどのようなものだったかはあまり知られてませんよね(汗

こうした丹波の武将たちとの戦いがどのように描かれるか?ここも非常に楽しみなところです。

 

やっぱり気になるのは「本能寺の変」

3つめはやはり「本能寺の変」ですね!

大河ドラマでは今まで何度も描かれてきた本能寺の変ですが、光秀視点で描かれるのはもちろん初めて。今までは話が分かり易いように「怨恨」が理由で謀反を起こす・・・という描かれ方が多かったように思います。

しかし、怨恨説は後世の軍記物が作りだした創作による話。

実際の光秀は信長に最も重用され、信頼された家臣の一人です。そんな光秀がなぜ本能寺の変を起こすことになるのか?そこに至る光秀の葛藤や決断が今回は描かれることになるでしょう。

「麒麟がくる」においても終盤の最も盛り上がるシーンの一つとなるでしょうから注目です!

 

【麒麟がくる】あらすじ一覧

1話「光秀、西へ」あらすじ

放送日:1月19日/視聴率:19.1%

天文16年(1547年)、美濃国の端に位置する明智荘は繰り返し野党の襲撃を受けていた。

光秀は故郷である明智荘を守るため戦いますが、そこで初めて「鉄砲」を目にします。野党は自分の知らない世界を知っていて、見たこともない戦道具を使っている・・・

その出来事の後、光秀は外の世界を見てみたいと道三に頼み込み、旅に出るのでした。

堺で鉄砲を買い求め、京で道三の正室・小見の方を治せる医師を探す。その旅の中で光秀は多くの人に出会い、そして美濃の外の世界の現状を知ることになります。そして思うのでした。

誰かが何かを変えねば、麒麟がくる国は訪れないと・・・

2話「道三の罠」あらすじ

医師の望月東庵、助手の駒を連れて美濃へ戻る光秀。

ちょうどその頃、尾張の織田信秀が美濃へ大軍勢を率いて美濃へ侵攻しようとしていました。

2万にもなる軍勢に対し、道三の軍勢は4000。圧倒的に劣勢の中、道三は籠城を選択します。この作戦に光秀と高政は反対しますが・・・

3話あらすじ

3話あらすじは放送後にまとめます。

4話あらすじ

4話あらすじは放送後にまとめます。

5話あらすじ

5話あらすじは放送後にまとめます。

6話あらすじ

6話あらすじは放送後にまとめます。

7話あらすじ

7話あらすじは放送後にまとめます。

8話あらすじ

8話あらすじは放送後にまとめます。

9話あらすじ

9話あらすじは放送後にまとめます。

10話あらすじ

10話あらすじは放送後にまとめます。

11話あらすじ

11話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

12話あらすじ

12話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

13話あらすじ

13話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

14話あらすじ

14話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

15話あらすじ

15話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

16話あらすじ

16話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

17話あらすじ

17話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

18話あらすじ

18話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

19話あらすじ

19話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

20話あらすじ

20話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

21話あらすじ

21話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

22話あらすじ

22話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

23話あらすじ

23話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

24話あらすじ

24話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

25話あらすじ

25話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

26話あらすじ

26話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

27話あらすじ

28話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

28話あらすじ

28話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

29話あらすじ

29話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

30話あらすじ

30話サブタイトル・あらすじは放送後にまとめます!

31話あらすじ

31話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

32話あらすじ

32話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

33話あらすじ

33話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

34話あらすじ

34話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

35話あらすじ

35話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

36話あらすじ

36話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

37話あらすじ

37話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

38話あらすじ

38話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

39話あらすじ

39話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

40話あらすじ

40話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

41話あらすじ

41話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

42話あらすじ

42話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

43話あらすじ

43話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

44話あらすじ(最終回)

44話の視聴率やあらすじは放送後にまとめます!

 

まとめ

というわけであらすじと見どころをまとめました。

麒麟がくるの動画を無料で視聴したい!という方は以下のページを参考にしてください。

麒麟がくるの再放送日程とおすすめVODサービス紹介

【麒麟がくる】見逃し視聴&おすすめ動画配信サービスまとめ!VODならここ一択です