【阿鼻叫喚】ビットコインが大暴落!その原因とか過去の価格推移をまとめてみた

仮想通貨

こんにちは!ZIGです。

2018年早々、ビットコインが大暴落しましたね。「仮想通貨バブルがはじけた」なんて声も囁かれてたりします。

そこで備忘録的に今回の暴落に関するニュースや話題、ビットコイン暴落の原因、そして過去のビットコインの価格推移なんかをまとめてみることにしました。数ヶ月~1年くらい経った時にどうなってるのか?見返してみると面白いと思ったので。

2018年1月16日~17日にかけ仮想通貨大暴落

今回のビットコイン大暴落はニュースなどでも大々的に取り上げられました。

奇しくも数日前に「億りびと」が沢山生まれたなんてニュースまで放送された矢先の出来事。テレビに出てた億りびとの方々は果たしてどうなったのやら・・・

 

 

 

Twitterではこんなツイートも話題に。

 

 

2017年12月に1ビットコインが200万を越えた際、ネット上に限らずニュースでもかなり話題になりました。そこからビットコイン投資を始めた方も多いんじゃないでしょうか。

その矢先の出来事だっただけに影響も大きかったように思います。

 

今回のビットコイン暴落の理由は?

今回のビットコインの暴落は、仮想通貨規制のニュースが続いたことが影響してると言われてますね。

例えば中国が仮想通貨の規制を強化するとか、韓国政府が仮想通貨取引の禁止を検討してる・・・というニュースがかなり影響したって話がよく聞かれました。

他にも同じタイミングでインドネシア中銀が国民に対して「仮想通貨売買を行わないように」呼びかけしたとか、ドイツ連邦銀行のヨアヒム・ビュルメリング理事が「国ごとではなく国際的な協力を通じた仮想通貨規制を行うべき」なんて発言もあったり。

こうしたネガティブなニュースが影響したのでは・・・?と言われてます。

 

正直私はそこまで仮想通貨に詳しくないので(笑)真相は何とも言えませんが、確かにネガティブなニュースが続けば影響はある気がしますね。

 

ビットコインは過去にも暴落している

ちなみにビットコインは1年前、2017年の1月にも暴落してます。

グラフはBitcoin日本語情報サイトより。

ビットコインの価格推移

2017年の1月早々にビットコインは14万円台にまで高騰し、史上最高値を記録したと話題になりました。

・・・が、その直後に大暴落。一気に10万円を割り、この年の最安値を記録してます。

この時も結構騒ぎになってみたい。

 

なんかこれ、2018年の年明けを見ているような感じですね(笑

 

しかし、ご存知の通りその後ビットコインは高騰し、12月には200万を超える最高値を記録。

結局1月の最安値を下回ることはその後ありませんでした。

 

 

ちなみに2016年の1月にも同じようなことが起きてます。

ビットコイン価格推移

2016年のビットコインは2015年末に5万円を突破した後、5万円代で推移してましたが、1月中旬に大きく下落。

43,000円代まで下がってます。

暴落とまでは言えませんが、この年の最安値を記録しました。

 

しかし、その後はこれ以下の価格を付けることは無く、上昇し続けて2016年末には10万円を突破。

結局1月の最安値を下回ることは一度もありませんでした。

 

 

ちなみに、2015年も同じようなことが起きてます(笑

ビットコイン価格推移

2015年は年初に35000円以上の値を付けてましたが、1月中旬に暴落。

20000円くらいまで値を下げてますので、パーセンテージで言えば今回の暴落に近いレベルでしょうか。

 

しかし、その後価格は上昇し、年末には5万円を超えるまで上昇。

結局1月の最安値を下回ることは一度もありませんでした。

 

 

 

つまり、毎年ビットコインは1月に最安値を記録してるって話になるんですが・・・

 

 

・・・

これって偶然なんですかね?(笑

 

もちろん今までそうだったから2018年も同じようになる保証なんてどこにもありません。しかし、こういう過去の推移を見てると損切りせずにガチホで様子見が正しいような気がしてしまいます。

 

まとめ

というわけでビットコイン暴落に関連した情報をまとめてみました。

ちなみに私は今回の大暴落、ガチホで様子見です(笑

 

半年~1年後、どんな状況になってるのか?機会があればまたこのブログで取り上げてみたいと思います。